最近、Firefoxを使いまくっておりますGinba.です。
それとは同時進行で、家の片付けだったり色々やっているわけなんですがw
今回ご紹介するのはおなじみのWEBブラウザFirefox。
↓ダウンロードはこちらから
http://mozilla.jp/firefox/
CapD20111231.jpeg
今まではOperaとかGoogleChromeとかスレイプニルとかそれはもう鬱陶しいくらい色々述べまくってたとおもうのですが、どうも食わず嫌いというかFirefoxには触れずに今まできました。
が、今は違います。こいつむちゃくちゃ早い。
バージョン3くらいの頃はだんだん他のブラウザに抜かされてる感があったのですが、今やダントツで早いといっていいんじゃないかってくらいのスピードと軽さになってて、思い切って乗り換えてみたわけです。
さて、とりあえず早いってことは分かったと思いますので、ソレ以外になにができるのかっていうお話に入らせていただきましょう。
まずFirefoxは、それ単体ではシンプルなネットを見る為だけのソフトです。
しかしながら、アドオンという拡張プログラムを後から付け足していくことでオリジナルの設定が出来てしまうのです。
導入は至極簡単で、気に入ったアドオンがあれば「Firefoxに追加」もしくは「add to Firefox」っていう緑色のボタンを押せば自動的に組み込まれます。
その後、Firefoxを再起動するとその拡張機能が使えるようになり、メニューから、あるいはツールからメニューを選択し、ジグソーパズルのようなアイコンで「アドオン」ってあるので詳細設定を決めていきます。
アドオンの数は、それはもう数えきれんくらい沢山あるので、とりあえずコレ!といったものをご紹介します。
FireGesture(ファイヤージェスチャー)
CapD20111231_1.jpeg
マウス拡張機能です。
右クリックを押しながらマウスを左に移動させてから離すと「戻る」ボタンを押したのと同じになります。この他、様々な設定が出来ます。割り当ても自由です。
オススメ設定は
ホイールジェスチャで
右クリック+マウスホイールを上へ転がすで「前のタブへ」
右クリック+マウスホイールを下へ転がすで「次のタブへ」
です
CapD20111231_3.jpeg
タブ回しが出来るようになり、コロコロとタブを切り替えできます。
SpeedDial(スピードダイヤル)
CapD20111231_2.jpeg
よく訪れるサイトをサムネイルに表示し、押せばジャンプといった窓を出現させるアドオンです。
空白タブを開いた時に開くのがミソ。
何も考えずとも行きたいサイトにすぐに辿りつける訳です。
また、ダイヤルという名が示す通り、それぞれの窓には「番号」が割り当てられています。
例えば、2つ目の窓にグーグルのホームページが登録されていればCtrl+2でグーグルに飛べてしまうわけです。
さらにさらに。Firefoxのスピードダイヤルは、なんとタブで区分けされているのです。
これにより、巡回するサイトが沢山あってもパッパと切り替えてジャンプできるのです。
もうこれがあればブックマークいらないんじゃねってレベルです。